サイトを引越しました。
5秒後に自動的に新サイトに移行します。m(_ _)m
内容そのものは全く同じになります。アドレスを変えただけです。^^;)


引越し先
20kg減男のおすすめ粉末グリーンスムージー比較一覧表




  

この記事の目次



「この記事の目次」のリンクは、このページの下の位置にジャンプ(移動)するリンクです。右にある「目次・見出し一覧」リンクで、この目次部分に戻ってきます。


  

粉末グリーンスムージー比較一覧表



各画像が公式サイトへのリンクになっています。



粉末グリーンスムージー比較一覧表
購入形態 1袋いくら? 1杯いくら?
ミネラル酵素
グリーンスムージー

ミネラル酵素グリーンスムージー

1袋200g
1杯6g
1袋約33杯分
全て税抜き価格
通常購入 2458円 約74円
定期購入
2ヶ月に1回
2袋届く
2213円
約1897円(注1)
約67円
約57円(注1)
定期購入
3ヶ月に1回
3袋届く
2089円
約1880円(注1)
約63円
約57円(注1)
定期購入
毎月2袋
1967円
1686円(注1)
約60円
約51円(注1)
定期購入
毎月3袋
1844円
1660円(注1)
約56円
約50円(注1)
グリーンベリー
スムージー



1袋300g
1杯20g
1袋 15杯分
全て税抜き価格
通常購入 2700円 180円
定期購入
毎月2袋
2400円 160円
フレッシュライフ
スムージー



1袋200g
1杯約17g(注2)
1袋 12杯分(注3)
全て税抜き価格
通常購入 なし
定期購入
毎月2袋
1955円 約163円
定期購入
毎月3袋
1840円 約153円
1回だけ購入
2袋セット
2800円 約233円
1回だけ購入
3袋セット
約2518円 210円
1回だけ購入
4袋セット
2320円 約193円
ベジージー


1袋150g
1杯10g
1袋 15杯分
全て税抜き価格
通常購入 2480円 約165円
定期購入
毎月2袋
初回:1240円
2回目以降 :約2233円
2回目以降
約149円
ベジーデル酵素
スムージー

ベジーデル酵素スムージー

1袋200g
1杯10g
1袋 20杯分
全て税込み価格
通常購入 2376円 約119円
定期購入1
毎月2袋
初回のみ1袋だけ届く
初回:980円
2回目以降1900円
2回目以降
95円
定期購入2
毎月2袋
初回:980円
2回目以降1900円
2回目以降
95円
IDEA
アサイーレッド
スムージー



1袋300g
1杯20g
1袋 15杯分
全て税抜き価格
通常購入 3500円 約233円
定期購入
毎月2袋
3000円 200円
お嬢様
グリーンスムージー

お嬢様酵素GREENスムージー

1袋200g
1杯15g(注4)
1袋 約13杯分(注5)
全て税抜き価格
通常購入 3000円 約231円
定期購入
毎月2袋
2750円 約173円
定期購入
毎月3袋
約2167円 約167円



(注1) 無料プレゼントでもらえる1袋もコスト計算に入れている


ミネラル酵素グリーンスムージーでは、定期購入で購入すると3の倍数の回のときに無料で1袋もらえます。


ナチュラルヘルシースタンダード 無料でもらえるものの種類



ただ、どのスムージーにするか?は、客側は選べません。この無料の粉末グリーンスムージーを数に入れると、1杯分のコストが(注1)のコストになります。



この無料プレゼントは「3ヶ月に1個もらえる」という計算で、1杯分のコストを算出していましたが、「3の倍数の回」と気づいて、何ヶ月に1個もらえるのか?を調査しています。



上記表示より高くなる可能性大ですので、ご注意ください。もしかすると、2ヶ月ごとに2個届く定期購入は、6ヶ月に1個、3ヶ月ごとに3個届く定期購入は、9ヶ月に1個、という形になっているかもしれません。




無料プレゼントのスムージーが、どういう頻度でもらえるのか?を調査し、算出しなおしました。



やはり「 2ヶ月ごとに2個届く定期購入」は、6ヶ月に1個、「3ヶ月ごとに3個届く定期購入」は、9ヶ月に1個もらえる、という頻度でした。




(注2) 12杯分の計算


1杯分、何gの表記がなかったので、(注3)より1袋でグリーンスムージー12杯分という所から逆算しました。



 

(注3) 12杯分の理由


1袋でグリーンスムージー10杯から14杯分と表記されていたので、間をとって12杯分にしました。



 

(注4) 15gの理由


公式サイトではグリーンスムージー1杯あたり何gの粉末を入れるのか?という表記がなかったのですが、ネットで調べたところ、計量スプーン1杯5gだということがわかりました。



なので、(注5)からグリーンスムージー1杯あたり計量スプーン3杯分=15gとしました。



 

(注5) 約13杯分の理由


グリーンスムージー1杯分の粉末は計量スプーン2杯~4杯分と記載されていたので、間をとって(計量スプーン)3杯分とし、1袋13杯分と算出しました。


  



  

粉末グリーンスムージーの比較で1番におすすめするものとその理由



ここでは、粉末グリーンスムージーで1番におすすめするものとその理由を書いていきます。


ミネラル酵素グリーンスムージー



ミネラル酵素グリーンスムージー



粉末グリーンスムージーを比較して、一番におすすめなのは、ミネラル酵素グリーンスムージーです。



ナチュラルヘルシースタンダードというブランドから出ています。(「ミネラル酵素グリーンスムージー」は商品名です。)



公式サイトと1杯分の値段が違っているかもしれませんが、このサイトでは33杯分で計算しています。公式サイトはおそらく30日分(1日1杯)で計算していると思われます。




粉末グリーンスムージーで1番におすすめする理由


粉末グリーンスムージでこれを推す理由ですが、


自分が成功したダイエット方法に適しているから


というのがその理由です。ダイエットにはいろいろなやり方がありますが、


  • 長期間かけてやるダイエット
  • 短期間でガーっとやるダイエット
  • 短期間でやってみて挫折したので、そのまま長期間のダイエットに移行



という3パターンがあります。



短期間のダイエット以外は、長続きさせることが秘訣となるので、味・コスト、は最大の決め手になるのです。



このミネラル酵素グリーンスムージーは、


  • 販売実績(1位多数あり)
  • コスト(1杯あたりが安い)



という点が1位の理由です。



味に関しては、美味しいという人も多いのですが、こればかりは


個人の好みで大きく左右されます


お試し用のミニサイズがあれば一番いいのですが、ミネラル酵素グリーンスムージーに限らず、お試しサイズで売っている粉末グリーンスムージーはあまり見ません。



1袋買ってみて試してみるしかないでしょう。



ただ、闇雲に試す、という方法もあるのですが、それだったら評判のよい粉末グリーンスムージーから試した方が効率が良いので、これをおすすめしている次第です。



いろいろな通販サイトで1位になっているので、実績も充分にありますし、コストパフォーマンスも良いので、この粉末グリーンスムージーはおすすめです。


ミネラル酵素グリーンスムージー 公式サイト





ミネラル酵素グリーンスムージーの味(種類)・定期購入の種類・定期購入の解約条件(最低○個購入しないといけないetc)、(条件がそろえば)お得に買える方法などをこちらにまとめました。
→ ミネラル酵素グリーンスムージーの価格(最安値)・味・コース一覧表





  

粉末グリーンスムージーの比較で2番におすすめするものとその理由




ナチュラルグリーンスムージーナは販売終了しました。

ナチュラルグリーンスムージーナ



ナチュラルグリーンスムージーナ



ミネラル酵素グリーンスムージーでは甘すぎる!という場合はこちらがおすすめです。



これも公式サイトと1杯分の値段が違っているかもしれませんが、このサイトでは33杯分で計算しています。公式サイトはおそらく30日分(1日1杯)で計算していると思われます。




粉末グリーンスムージーで2番におすすめする理由


他のグリーンスムージーでは甘すぎる、という声も時々あるので、そんなときは(まだ)甘さ控えめのこちらがおすすめです。



どんなにコストパフォーマンスが良くても、味が合わなければ「長続きしない=成果がでない」となりますので、自身に合う粉末グリーンスムージーを選びましょう。


ナチュラルグリーンスムージーナ  公式サイト

終了




ナチュラルグリーンスムージーナの味(種類)・定期購入の種類・定期購入の解約条件(最低○個購入しないといけないetc)などをこちらにまとめました。
→ ナチュラルグリーンスムージーナ価格・味・解約・コースのまとめ





  

粉末グリーンスムージーの比較総括



これらは、あくまでサイト管理人の考えですが、粉末グリーンスムージーは、


  • 長続きできる味であること
  • 長続きできるコスト(価格)であること



が大事な条件になってくるかと思います。



ですから、経済力があり、「別に1杯300円かかってもいい」というのであれば、長続きできる味のものを選べば良いかと思います。


置き換えより、空腹を抑える飲み物


置き換えをすると、確かに大幅にカロリーをカットできますが、次の食事までお腹がもたない、という人も多いです。



そういう時は、食事はしっかり(今までの90~95%)とって、次の食事までお腹をもたせるための「間食代わりの飲み物」として使うことをおすすめします。



置き換えより時間はかかるかもしれませんが、負担は大きく減ります。





以上、おすすめの粉末グリーンスムージーの比較一覧表の話でした。



inserted by FC2 system